>  > 父子家庭だけど高円寺キャバクラで稼いでます

父子家庭だけど高円寺キャバクラで稼いでます

私には母親がおらず、父と二人で高円寺の近くにあるボロボロのアパートに住んでいました。父は毎日ギャンブルに明け暮れて、家にお金を入れない人だったので、私は新聞配達をしたりバイトを掛け持ちしたりして、なんとか生活費を稼いでいました。近所の親切なおばさんたちにも、おかずのおすそ分けをくれたり食事に呼んでくれたりと、たくさんたくさん助けてもらいました。やっと高校に入り、学費だけでなく光熱費も払っていた私は、高円寺のキャバクラで働くことにしました。年齢をごまかして入ったキャバクラは、私には未知の世界でした。初めの段階で私、大興奮。私のバイト代を遥かに超えるボトルを何本も頼む客、華やかに着飾ったキラキラしたキャバ嬢たち。衣装やメイク道具も一切持っていなかった私は、給料から天引きしてもらって働きました。生活がかかっているので、それはもう必死に営業をして、自分に出来るすべてのことをしてきました。そうやって半年も働いたら、十分なお給料をもらえるようになっていました。高収入になっても金銭感覚は変わらず、十分な貯金も出来たのでそれを資金に大学進学も果たしました。進学した今も、キャバクラでのバイトは欠かさず頑張っています。

[ 2016-10-09 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談