TOP

高円寺のキャバクラで高収入を目指すならまず体験談を読むことをオススメします。

売れる源氏名のつけ方~高円寺キャバクラ体入編~


高円寺のキャバクラでガッツリ稼ぎたい!でも稼げるキャバ嬢になるには、源氏名がとっても重要って知ってましたか?今回、売れる源氏名にはどのような特徴があるのかを調べてみた結果、4つの法則が見えてきました!【1.読みやすく、覚えやすい】携帯の変換で出てこないような漢字を使ったり、フリガナがないと読めなかったりする名前はNG!しかも名前が変わっていると「中身も変わっている子なのかな?」と思われるかもしれません。「樹梨愛(ジュリア)」や「美海(まりん)」っていうレベルでも、お客さんは絶対についてこられないのでやめておいた方が無難です。【2.オリジナリティがある】変わっている名前すぎると問題だけど、オリジナリティはとっても大事。「愛(あい)」「沙羅(さら)」「綾香(あやか)」など、ありふれた源氏名を付けてしまうと他のお店の女の子と混同されたり、他店へ移る時に名前が被ってしまう場合があるので注意しましょう!【3.自分のキャラクターに合う】「美姫(みき)」「麗華(れいか)」などの名前はどうしても美人な女性を想像していしまい、三枚目キャラの女性の場合は「名前負けしてるよね。」と言われてしまう可能性があります。またサバサバ系の女性が「もえ」なんて可愛い名前だと違和感がありますよね。源氏名と言っても、自分のキャラクターに合った名前を付けることが大事。自分ではわからない!と言う方は友達やお店のスタッフに意見を仰ぐと良いですよ。【4.地域性やお店の雰囲気に合う】歌舞伎町や池袋のキャバクラでは苗字と名前を両方付けることが多く、六本木や銀座などでは名前だけの源氏名が多いという特徴があります。また高級店やお客さんの年齢層が高いお店の場合、「紀子(のりこ)」「優子(ゆうこ)」「加奈子(かなこ)」など名前に「子」が付くと親しみやすいと言われています。【5.男女どちらでも使える名前】「ひかる」「まこと」「つばさ」「じゅん」など、男でも女でも使用できそうな名前もおすすめです。万が一恋人や奥さんに携帯を見られた場合でも「男友達だよ」って言い訳できるから、お客さんからは重宝がられます!笑。自分がどんな源氏名がいいか、大体イメージが付いたでしょうか。源氏名が決まったら、ぜひ高円寺のキャバクラで働いてみましょう!高円寺キャバクラ体入のお仕事探しに適したこのサイトなら、今すぐ入店可能な高円寺のキャバクラ情報が満載です!ぜひご活用ください。

高円寺のキャバクラで稼いで家を建てたいんです

私は高円寺のキャバクラで働いています。シングルマザーなのですが年金暮らしの両親と住んでいるので、子供が学校に行っている時間に少し働いて、夜の仕事を掛け持ちしています。父親はもともと高収入だったのですが、年金暮らしになってからは収入もほとんどなく母と二人で細々と暮らしていました。私が離婚して子供を連れて帰ったときには、文句も言わずに喜んで受け入れてくれました。今はご飯や夜の子供の世話などを任せっきりになっているので、少しでもキャバクラで稼いで大きな二世帯住宅を建てたいと思って高円寺のキャバクラにバイトに行ったんです。今は両親とも元気ですが、いずれ家事なども大変になってくるだろうから、それまでには昼の仕事だけで十分食べていけるようにしたいんです。お店のオーナーさんも事情を分かってくれて、出来るだけ出勤させてくれるので助かっています。私のような年齢でもキャバクラで働けるのか不安でしたが、働いてみて思っていたよりもいけそうでほっとしました。アフターは子供のことを理由にいつも断っていますが、営業や同伴に力を入れているので指名してくれるお客さんはたくさんいます。家を建てるお金と十分な貯金が出来るまでは、まだまだキャバ嬢として頑張っていこうと思っています。

高円寺のキャバクラの寮暮らしで助かってます

私はワケあって高円寺のキャバクラで働いています。というのも、家出して行く当てもお金も無かった私は、必然的にお水の世界に飛び込んだのでした。行ってみたら受け入れてくれたので、速攻入店を決めた次第です。この高円寺のキャバクラは寮があって、ワケを話して寮に入れてもらいました。敷金や礼金がかからないということだったので、すぐに入ることが出来てなんとか自分の居場所を見つけられました。初めてのお水の世界はわからないことばかりで、最初はただただ圧倒される毎日でしたが、マネージャーやキャストがいろいろと教えてくれてだんだんと慣れていきました。ここで失敗するわけにはいかないと思っていたので、客をとるために枕もしました。枕をしてから来なくなった客もいたけど、身の上を話すと支えてあげると言ってくれる客もたくさんいて、少しずつ指名客も増えてきました。キャバ嬢にしては高収入とまではいかないかもしれませんが、やっとお金にも余裕が出来てきました。指名客の中には、すごくお金を持ってる人もいて、高級なご飯を食べさせてくれたり服やバッグ、アクセサリーなどを買ってくれたりします。そのうち彼氏も欲しいので、お金が貯まったら一人暮らしを始めようと思っています。

高円寺キャバクラに来るお客さんのこと

私は高円寺のキャバクラで働いているRと言います。ノリでキャバクラの体験入店に行って自分に合ってる仕事だと思いました。当初ではわからなかったけど、最近わかってきたことがあるんです。細客って自分が細客っていうことに気づいてませんよね。お小遣いが5万円しかないからと、毎週来ても1万円ぐらいしか使わないんです。それでも毎週来てるから、自分を上客だと思い込んでいるんですよね。高収入の太客たちが、毎回どれだけ払って私たちキャバ嬢に尽くしているかを全く知らないんでしょうね。最近では店外ばかり求めてくるようになってきて、本当にウザいです。しかも、同伴ではなくて店外デートだけ。ケチ臭すぎて話になりませんよね。こういう細客をどうやったら太客に育てられるのか、誰か教えてください。そもそも、結婚していてお小遣いが5万円しかないんなら、キャバクラ遊びとかしなければいいのに、と思うのは私だけでしょうか。他にお客さんを連れてくるわけでもなくて、いつも一人で来て延長もせずに帰っていきます。せめて同伴ぐらいはしてくれてもいいと思いませんか?私がつくお客さんはこういう細客ばかりで、ちょっと最近うんざりしています。高円寺自体は気に入っているので他のお店に移ろうかな……。

高円寺のキャバクラは最高のお店です

私は、小さな子供を抱えて離婚したバツイチのシングルマザーです。子供が出来て結婚したものの、旦那はギャンブルに明け暮れる毎日で、どうしようもなくなって離婚しました。一人で子供を育てるということがどれだけ大変かは計り知れませんでしたが、このまま暮らしていくよりはマシだと思って離婚を決断しました。実家がある高円寺に戻り、高収入の仕事を探していて見つけたのがキャバクラの仕事でした。離婚したからといって子供に寂しい思いだけはさせたくないと思い、昼間はなるべく子供のそばにいてあげたかったから、夜の仕事を選びました。働くことになったのはHというキャバクラで。行ってみたら初心者にも関わらずとても丁寧に親切に教えていただきました。なによりもそのお店が良かったのは、託児所が完備されていたからです。仕事をしている間は、プロにお任せして安心して働けるという職場だったので、すごくありがたかったです。衣装やメイクもお店で用意してくれて、送迎も無料なんて、普通に昼間の仕事をするよりもずっとずっと好待遇でした。もちろん、体験した時点でお給料は高いです。この高円寺のキャバクラは最高の職場ですね。スタッフの方々のフォローのおかげで、今では親子二人で何不自由ない暮らしをすることが出来ています。